カテゴリー
エネルギー芸人への道

秋田に日本最大級33基の洋上風力発電!

お待たせしました。佐藤満春エネルギー芸人への道(2021年9月更新分)の公開です。

佐藤満春エネルギー芸人への道(2021年9月パート1)

洋上風力発電の建設が着々と進み、秋田に日本最大級が33基も登場!

毎日新聞から引用

4.2メガワットという日本最大級の風力発電機を秋田港、能(の)代(しろ)港(こう)に合わせて33基設置するという大規模な洋上風力発電所の建設が進められています。順調に進めば、来年末にも商業運転を始める見通しです。

……当初は工事の音などに苦情があったが、早朝に工事をしないなど住民の理解を得ながら工事を進めていくとのこと。
……海の生き物への影響などは考えられないのでしょうか?

アメリカは法律に邪魔されて洋上風力発電に出遅れている!

フォーブスからの引用
時代の流れは、風力発電のタービンの大型化ですが、ヨーロッパでは大型船を活用したタービンの設置が進む中、アメリカは出遅れています。最大のタービンの部材を運ぶ大型船は世界で8隻しかなく、借りるにしてもアメリカは「ジョーンズ法」によりそれは出来ません。この法律はアメリカ国内の輸送はアメリカの造船所で作られた船でなければならないというもので、陸上風力では中国に次ぐシェアなのに、洋上風力では出遅れてしまっているということです。

……巨大タービン部材を運べないから作れないというのは切ないですね。
……このジョーンズ法という法律は、清水建設などが作る作業船舶をはじく為の法律らしいが、今や諸刃の剣となってますね。

ZOZOの元COOが設立したPowerXが目指す洋上風力発電の爆発的普及!

(マイナビニュースからの引用)
設立されたばかりのベンチャー企業のCEO伊藤さんはZOZOのCOOを務めた人で、日本政府が日本の洋上風力発電量を現在の27万キロワットから、2040年に4500万キロワットまで引き上がる事を目標と掲げている事に、ビジネスチャンスを見いだし創業しました。海の上で作られた電力を、送電線や海底ケーブルを使わずに、バッテリーに直接蓄電して舟で運ぶ構想は、送電先を選べるメリットや初期コストが安いことも武器になる、と見ています。

……EV用急速充電用電池は需要が拡大していくでしょうが、目﨑さんの会社は、洋上風力や蓄電の方には参画する予定はないのですか?
……巨大なバッテリーが各所に点在することは、原発事故のような大事故に近い災害に繋がるようで(なんとなく)怖いのですが。

作成者: 管理人

番組スタッフです。ぜひポッドキャスト「購読」をお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください