カテゴリー
目﨑雅昭の歩く路pod

会津サントスFC ジュニアチームコーチ須藤裕貴さん【ブラジル、千葉、そして会津】2

サッカーという文化は世界の共通言語となっている。そんななか、若くしてブラジルに渡り修行をして千葉へ出向いて指導者の腕を磨き、機が熟して会津に腰を落ち着かせ、少年たちの未来に光を届ける須藤サン。国際文化アナリストの目﨑雅昭もサッカーをしていれば世界でもっと楽しい思いが出来たと後悔しきり。その後編です。

お待たせしましたっ! サッカーファンのパパ必聴のポッドキャストコンテンツ公開です。会津サントスの「サントス」はブラジルの……?!?!?!?!

rfcラジオ福島「目﨑雅昭の歩く路」2021年11月~2022年1月11日放送分のアーカイブの後半です。出演:目﨑雅昭、まあみ。ゲスト:須藤裕貴さん

カテゴリー
目﨑雅昭の歩く路pod

会津サントスFC ジュニアチームコーチ須藤裕貴さん【ブラジル、千葉、そして会津】1

サッカーという文化は世界の共通言語となっている。そんななか、若くしてブラジルに渡り修行をして千葉へ出向いて指導者の腕を磨き、機が熟して会津に腰を落ち着かせ、少年たちの未来に光を届ける須藤サン。国際文化アナリストの目﨑雅昭もサッカーをしていれば世界でもっと楽しい思いが出来たと後悔しきり。その前編です。

rfcラジオ福島「目﨑雅昭の歩く路」2021年11月~2022年1月11日放送分のアーカイブの前半です。出演:目﨑雅昭、まあみ。ゲスト:須藤裕貴さん

カテゴリー
エネルギー芸人への道

蓄電池内の「再エネ価値」を担保する手法の確立へ、日本ガイシとリコーがトラッキング実証へ

■佐賀県唐津市、洋上風力発電でサーファーらに理解を求めて説明会。

佐賀新聞からの引用です。
佐賀県が唐(から)津(つ)市(し)の離島周辺に誘致を検討している洋上風力発電について、サーファーらが集まる唐(から)津(つ)市(し)湊で、説明会が開かれました。

立神岩周辺の海は九州有数の波乗りポイント。近隣への風車設置で波がなくなるなどの懸念が広がり、地元サーファーらが10月に「唐津・玄海の海の未来を考える会」を発足、反対の署名活動を行ってきた。会長の小浦修さん(66)は「脱炭素は賛成だが、なぜこの海域なのか」と話す。

 県の担当者を招いた14日の説明会には、住民や県内外のサーファーら約100人が出席、計画の必要性や場所の選定理由などを質問した。県の担当者は「波への影響は現時点では確認できない」と説明。4歳からこのポイントでサーフィンをしている西村昇馬さん(19)は「多くの人が集まる海の波と景観は守るべき」と主張した。

 会では2022年1月末まで署名活動を続け、2月上旬に県や市に対し要望書を提出するという。

このリンク記事も興味深い(需要の8倍を供給可能!?)

……洋上風力発電は「波をなくしてしまう」のですか?
……どこでも良いなら、サーファーに不人気に作ればいいのでは?

蓄電池内の「再エネ価値」を担保する手法の確立へ、日本ガイシとリコーがトラッキング実証へ

スマートジャパンからの引用です。
日本ガイシとリコーは、再生可能エネルギーの環境価値を追跡する実証実験を始めると発表。再生可能エネルギーの発電から消費、さらには余剰電力の蓄電から放電にいたるまで、全ての課程を追跡して、環境価値をより簡単により確実に取引できる仕組みの構築を目指すという。

 天候によって出力が変動する再生可能エネルギー電源の導入拡大に向けて、蓄電池の活用に注目が集まっている。しかし、再生可能エネルギー由来電力を蓄電池に充電、放電した場合の環境価値の取り扱いや、リアルタイムな充放電量の調節など、トラッキングに関する仕組みや制度の整備は今後の課題となっている。

 今回の実証は、こうした再生可能エネルギーおよび環境価値のトラッキングの制度化や標準化を目的としたもの。日本ガイシ、恵那市、中部電力ミライズが2021年4月に設立した地域新電力の恵那電力(岐阜県恵那市)が実証フィールドを整備する。具体的には、恵那市公共施設の屋根や遊休地に太陽光発電設備やNAS電池の設置を行う。

 これらの設備を活用し、実証では主に2つのケースを想定した取り組みを実施する。1つが、基幹系統への逆潮流を抑制し、配電網内の再エネ利用率を高めるための実証だ。変電所以下の配電網内の再生可能エネルギー由来電力と、需要家の消費をリアルタイムにトラッキングし、余剰分の電力に環境価値を付与したかたちで確実にNAS電池に充電する。

……すいません、まるで解りません(汗)。どゆこと?
……再エネの環境価値を追跡って……???

カテゴリー
HappyWedgePodcast

インターナショナルスクールとはなんぞや?詳説して貰いましたっ!

インターナショナルスクールって、知ってる人は「当たり前」のシステムだけれども、知らない人には謎の世界。名前と存在は知ってるし、頭良さそうってイメージが強い。でも、ではどういう組織でどういう仕組みなのかは興味を持たないとまるでわかりようがない。そこをガッツリ教えてくださいます。氏の経験談を元に、自分のご子息への教育方針の参考にして貰えれば幸いです。

ポッドキャストコンテンツ「目﨑雅昭HappyWedge」は、ラジオ日本(AM1422kHz)で毎週金曜日放送されている「宮川賢MT」の番組内で絶賛放送中です! 是非、radiko.jpなどでお聞き下さい!

カテゴリー
番組ブログ

旅行出来ない事を当たり前と思ってしまう「今」

目﨑雅昭HappyWedge収録後の二人です。1月放送分については、とても感慨深いものがありますよね。

カテゴリー
エネルギー芸人への道

日本、エネルギー計画における汚名の代表格「化石賞」を二年連続受賞してしまった!

佐藤満春エネルギー芸人への道映像公開ですっ!お待たせしましたぁ~っ!

カテゴリー
エネルギー芸人への道

アンモニア発電は、脱炭素の新たな主役となるのだろうか?

■アンモニア発電は主役になりえる?

 水素とともに、燃やしても二酸化炭素を出さないアンモニアが脱炭素の新たな「切り札」として注目されている。官民挙げて、技術的課題の克服に努めてもらいたい。
 政府は、今年7月にまとめたエネルギー基本計画案の電源構成に、水素やアンモニアによる発電を初めて盛り込んだ。
 既存の石炭火力発電所で、気化したアンモニアを粉状の石炭に混ぜて燃やす「混焼」により電気を作る。アンモニアの分だけ二酸化炭素の排出を減らせるという。
 水素と窒素の化合物であるアンモニアは、化学肥料の原料などとして国内ですでに年間約110万トンが使用されている。水素と比べると燃えにくいが、水素より液化しやすく、扱いやすい。輸送や貯蔵のインフラも整っている。

読売新聞オンライン

……アンモニアが発電? どういう仕組みで?

■ハチドリ電力が「初期費用0円×使い放題」の太陽光発電サービスを開始

 株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)が提供するCO2ゼロの実質自然エネルギー100%の電力サービス「ハチドリ電力」は、初期費用0円で導入可能な住宅用太陽光発電サービス「ハチドリソーラー」の受付を開始しました。
 ハチドリ電力は2020年4月16日よりサービスを開始し、利用者は2021年10月14日現在で5000名を超えています。これから地球温暖化の解決をさらに加速させるため、自然エネルギーを「つかう」人だけでなく「つくる」人も増える必要があると考え、「自宅の屋根」を使って誰でも参加しやすい形で自然エネルギーの普及を目指します。

PRタイムス

……家の大きさが違えば不公平になるのでは?

カテゴリー
エネルギー芸人への道

エネオス、再エネ大手のジャパン・リニューアブル・エナジーを2000億円で買収?

■エネオスが買収した会社

エネオスホールディングスは2021年10月11日、約2000億円で再生可能エネルギー事業を手掛けるジャパン・リニューアブル・エナジーJRE)の全株式を取得すると発表した。子会社のエネオスを通じて、米ゴールドマン・サックス・グループとシンガポール政府投資公社が間接保有するJREの全株式を取得し、再生可能エネルギー事業を強化するという。  JREはゴールドマン・サックス・グループが2012年に設立した再生可能エネルギー事業開発を手掛ける企業。太陽光、陸上風力およびバイオマスなどの再生可能エネルギー電源を多数保有しており、2021年9月時点における運転中の再生可能エネルギー発電容量は約37.9万kW(各案件への出資持分割合に応じた容量)にのぼる。現在建設中の電源も含めると、約70.8万kWに達するという。洋上風力発電事業にも着手しており、現在ドイツのwpdと共同で、長崎県沖で最大約30MW規模の洋上風力発電の開発が進行中だ。

スマートジャパン

……これは再エネ推進においては朗報?

■出光興産、太陽光パネルの生産終了

出光興産は12日、100%子会社の「ソーラーフロンティア」(東京都千代田区)による太陽光パネル生産事業を2022年6月末をめどに終了すると発表した。オンラインで記者会見した出光興産の平野敦彦取締役は「中国勢の規模拡大のスピードに追い付けなかった」と述べ、国際競争激化や太陽光パネルの低価格化が進む中、十分なシェアを獲得できなかったと説明した。

時事ドットコム

……石油産業がシフトしていく中で、この事象が意味することは?

……全てを中国製に変えていく事は国益を損なうのでは?

カテゴリー
HappyWedgePodcast

危険な場所での「生き残り方」ついに核心!サバイブ能力考察!!

世界を旅してきた目﨑雅昭氏が教授する「生き残り方」について。実際にアブナイ場所は世界中に沢山あります。しかし、そこで対応を誤るととてもヤヤコシイことになりますよね。そんな急場に落ち着いた対応が出来れば何も問題はない。その対応について経験談を元に氏がお教えします!

ポッドキャストコンテンツ「目﨑雅昭HappyWedge」は、ラジオ日本(AM1422kHz)で毎週金曜日放送されている「宮川賢MT」の番組内で絶賛放送中です! 是非、radiko.jpなどでお聞き下さい!

カテゴリー
目﨑雅昭の歩く路pod

橋本広司民芸の橋本将司さん(高柴デコ屋敷)後編

伝統工芸は高尚なイメージがありますが、橋本さんのお話を聞くと、そうあってはならず、手近に楽しめるもの。飾って鑑賞するものというのとは少し趣が異なります。

作り手であり、伝統の伝承師でもある橋本さんの口から出たのは「芸術品ではないので」という奥ゆかしい言葉。