カテゴリー
エネルギー芸人への道

グリーン投資の拡大/三井物産愈々脱炭素化/初期費用ゼロ太陽光発電

お待たせしました。エネルギー芸人への道の更新です。

東京オリンピック、パラリンピック関連の施策である「水素ステーション」補助事業が廃止へ

 東京オリンピック・パラリンピックの関連施策として、環境省は、太陽光などの再生可能エネルギーで作った水素を燃料電池車に供給する「水素ステーション」の設置費用を補助する事業を進めてきましたが、補助を受けた8割以上の施設で、実際は再生可能エネルギー以外の電力が使われていたことが会計検査院の調査でわかりました。環境省は事業の継続は困難と判断し、廃止を決めたということです。
 環境省は、燃料電池で走る車に水素を供給する「水素ステーション」を設置した自治体や民間団体に費用の一部を補助する事業を進め、その要件として、水素を製造する際の電力は、すべて太陽光や風力といった再生可能エネルギーで賄うよう求めていました。
 しかし、会計検査院が調べたところ、少なくとも平成29年度までに設置・運営が始まったおよそ20か所のうち8割以上で、実際は再生可能エネルギー以外の電力も使われていたことがわかりました。
 指摘を受けた環境省は事業の継続は困難と判断し、廃止を決めたということです。
……再エネ以外を含まないと賄えないというのは、原発再稼働の後押しになってしまう?
……水素そのものに未来と可能性はあるのでしょうか?
(NHKより引用)

日本の再生エネルギー供給力は総電力需要の1.8倍にも関わらず、化石燃料輸入で年19兆円を流出!

(引用:ビジネスジャーナル)
 環境省「再エネ加速化・最大化促進プログラム2018年版」によれば、日本の再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなど)の潜在力は、電力需要の最大約1.8倍の供給力があるという。つまり、再エネだけで日本の電力すべてをまかなえることになる。
 太陽光は、ヨーロッパより緯度が低い日本のほうが、日射量が豊富で有利だ。風力発電は法整備さえ進めば、海に囲まれている日本の洋上風力発電には大きなポテンシャルがある。水力は、既存のダムでも発電機がついていない所がたくさんあり、小水力発電の可能性がまだまだある。地熱に関しては、世界第3位の地熱資源量を持っており、これもまだまだ未開拓。バイオマスも、森林資源の多い日本は、手入れさえすれば大きな潜在力を秘めている。
 にもかかわらず、2018年度のエネルギー自給率はわずか11.8%で、化石燃料に85.5%も依存している。ほとんどが輸入なので、代金として19兆円を海外に支払っている格好だ。庶民感情で考えれば、実にもったいない話!
……化石賞に選ばれてしまうのも仕方ない!
……既得権益者からの反発を気にしすぎ????
……大ナタを振るえないのはリーダーシップの欠如か下野を嫌うそろばんずくか?

「グリーン投資」拡大へ 成長戦略に位置づけ/西村経済再生相

(引用:NHKのサイト)
 脱炭素社会の実現に向け、西村経済再生担当大臣は工場で排出される二酸化炭素を農業に活用する佐賀市の取り組みを視察し、地球温暖化などの対策に力を入れる企業を投資先に選ぶ「グリーン投資」の拡大を促すため、成長戦略のひとつに位置づけたいという考えを示しました。
 西村経済再生担当大臣は佐賀市を訪れ、清掃工場でごみを燃やす際に出る二酸化炭素などをきゅうりのハウス栽培に活用している施設を視察。「大変有益なプロジェクトだ。世界が脱炭素化に向かって動き出しており、再生可能エネルギーを活用していくことは、大事なテーマだ。日本は先進的な技術開発力もあり、国内で投資が進むことが大事。経済財政諮問会議や新たに設ける『成長戦略会議』で議論し具体的な政策につなげたい」と述べ、地球温暖化などの対策に力を入れる企業を投資先に選ぶ「グリーン投資」の拡大を促すため、成長戦略のひとつに位置づけたいという考えを示しました。
……脱炭素へ向けての企業努力を評価するのは素晴らしいけれども。
……(グリーン投資などの)企業努力がなければ「原発再稼働やむなし」の空気を醸成?

石炭火力発電事業の全ての持ち分を2030年までに売却へ/三井物産社長

(引用:ロイター)
 三井物産は、資源・エネルギー分野の世界的な脱炭素化の潮流を踏まえ、石炭・石油からガスへのシフトを強める。三井物産のエネルギーの権益生産量に占める原油の比率は2030年に向け低下するという。
 三井物産は、温室効果ガスの排出を削減貢献量と相(そう)殺(さい)することで2050年に「ネットゼロ」にする目標を掲げている。
……ネットゼロとは何ですか?
……三井物産が動くと日本全体への影響が大きい? それとも、まだ「遅い」のでしょうか?

ヒナタオエナジーが太陽光エネルギーサービス「ヒナタオソーラー」の提供を開始!

(引用:PRタイムス)
 施工からメンテナンスまでまとめて請け負う「初期費用ゼロ」のソーラーシステムが商品としてヒナタオエナジーが展開し始めました。
 お客さま一人ひとりの価値観やニーズに対して、「自分らしい暮らしに対する想いをつなぐ」エネルギーとサービスを提供する東京ガスグループの株式会社ヒナタオエナジーは、マンション・ビル向けに、環境性や停電時の電力供給に優れた太陽光エネルギーサービス「ヒナタオソーラー」を開始です。
……契約期間20年で、満了後は発電を無償譲渡? ということは長い目で見ればお得?
……個人で導入しづらい敷居を下げる動きが加速化?

2020年11月更新分のパート2です。

作成者: 管理人

番組スタッフです。ぜひポッドキャスト「購読」をお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください