カテゴリー
目﨑雅昭の歩く路pod

旅情女子「吉川みゆき」さん、カレー店🍛立ち上げ!(後編)

吉川みゆきサンのカレー店はどのようにしあがるのか?仕上がったのか? 福島の彼女の動向をチェックせよ!(*^_^*)/

スリランカに恋をして、インドを愛して、カレーに至った彼女の二十数年の人生はとても濃い魅力的な出会いに満ちていた★

マユール

目﨑さんがオススメの「マユール」はいわき市にあります!

http://mayur.gourmet.coocan.jp/

マユールをお気に入りの目﨑サンは、特別にお願いして「放送内容」のようなお願いをしましたが、それを通常メニューとしてマユールが承っている事を保証するものではありません。個人的な感想であることをお含み置き下さい。

with curry

そして、なんと2020年8月! 吉川みゆきサンのカレー店がオープンしました!

2020年8月20日にオープン!郡山市中町13-1 うすい百貨店地下1階。ぜひ、食べに行ってみましょうっ!

with curryは、オープンしましたっ! 郡山の駅から徒歩2分?!ぐらいっ! ぜひ皆さん、食べに行きましょうっ!

初めまして、わたくし株式会社うすい百貨店 店舗開発担当の佐藤洋平と申します。うすい百貨店は創業350年以上という長い歴史を持つ地域に根付いた百貨店です。
もちろんこれからも今まで以上にお客様に喜んでいただける提案をし続けてまいりますが、これからうすい百貨店がより一層力をいれていくテーマとしては「地域共創」「美」「健康」「食」です。
この度のプロジェクトはまさしく私たちが目指すテーマそのものであり、私たちも全力で応援していきたいと思っております。
そして何より一人でも多くのお客様に「ふくしまの美味しさ」を体感していただければと思っております。

株式会社うすい百貨店
佐藤

(店舗開発担当の佐藤さまからも応援メッセージを頂きました!吉川サン頑張ってまーすっ!)

キャンプファイヤーでの吉川さんのコメントを最後に紹介します!オープンおめでとうございますっ!

昨年春に就職活動をし、一度は内定をいただいていた静岡の会社を、ぎりぎりでお断りしてまで
ここ福島で生きていくことを決意した、2ヵ月前。
その決断をしたからこそ、いまこうしてこのプロジェクトを始めるチャンスをつかむことができました。しかし、決断までにはものすごい悩みや葛藤、不安がありました。
反対されたり、怒られたり、応援されたり、励まされたり。
大好きな人、久しぶりに会う人、お世話になっている人から、たくさんの言葉をもらいました。
何日も何日も、悩んで、迷って、決めたと思ったらまた戻って。ついに決めた朝は、わくわくと楽しみと期待と希望と、不安と心配で、身体中いっぱいいっぱいでした。でももう自分で決めたんだから、やるしかない、そしてポジティブにとらえたほうが絶対にたのしい!そんな気持ちで迎えた新しい春に、コロナウイルスはやってきました。不安も心配ももどかしさもあったけど、そんなとき私のことを助けてくれたのが、愛すべき地元と家族、人に恵まれた大学生活、留学先のスリランカやインド、そして人生が変わった福島での多くの出会いが私に教えてくれた、こんな言葉たちでした。

・どんな環境だろうと、成長できる人はできるし、できない人はできない。
・”何をしているか” よりも、それを ”どういう風にやっているか” が大切。
・先のことをあれこれ心配しても仕方がない、人のことを羨んでばかりいても意味がない。
・”今ここ” に集中したほうが人生は楽しい。
・たいていのことは何とかなる、ちゃんと毎日ごはんを食べて、好きな人たちと笑えれば大丈夫。
・真剣になるのはいいけど、深刻にならない。
・幸せは、外からやってくるんじゃなくて自分でつくるもの!

まだ何もできないひよっこのくせに生意気だし、誰かから見たらすごく甘いのかもしれません。でも、私はものすごく大事なことだと思っています。家族をはじめ、私のことを支えてくれた、私と出会ってくれた、そしてこれから出会うみなさま、一人ひとりのおかげです。

CAMPFIRE

作成者: 管理人

番組スタッフです。ぜひポッドキャスト「購読」をお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください