カテゴリー
HappyWedgePodcast

「健康」について真正面から考えてみよう!の巻

健康生活において必要なものとは何か? では、何を第一義に考えて生活するのが望ましいのか? そして健康であることが、「幸せ」と言えるのか? では不健康=不幸と考えて良いのか? その健康がもたらす影響、及び、健康の為に必要な事を追求する上でのストレスは不問で構わないのか? 色々と考えてみる、これまた身近な題材をもとにした思考実験の機会となりました。

カテゴリー
HappyWedgePodcast

紛争地帯を旅する事について

紛争地帯を旅したことがある元バックパッカーの目﨑雅昭は、柔和な物腰からは想像も出来ない程の、危険な思いを経験しているようす。そのある意味命知らずな行動力によって、得られた体験を詳らかに綴る一編です。

カテゴリー
HappyWedgePodcast

英語学習について(誰でも話せるようになりたい英語ではあるものの)

やはり、英語は話せるに越したことはない。ですが、……ううむ。敷居が高いと感じる人が多いのも事実。そんな時、ワールドトラベラーの目﨑さんに話を聞いてみようじゃないか!

カテゴリー
HappyWedgePodcast

ルトガー・ブレグマン「希望の歴史」を紹介!

人類が善き未来をつくるための18章。それが副題。この本を目﨑雅昭が紹介します!

カテゴリー
HappyWedgePodcast

「ハラスメント」について考えよう★果たして、感じたら=被害者、で良いのだろうか?

とても深い問題です。そしてある意味、このご時世タブーとも言えるテーマです。それを氏が言及します。その神髄をみることになることでしょう。お楽しみに!「目﨑雅昭HappyWedge」はラジオ日本にて毎週金曜日深夜1時40分ぐらいから絶賛放送中です!

カテゴリー
HappyWedgePodcast

霊感「Let’s talk about inspiration」

霊感について語る時が来たようです。機が熟し、目﨑雅昭氏の幼き頃より気になっていた系統についての問わず語り。ご期待下さい。

カテゴリー
HappyWedgePodcast

インターナショナルスクールとはなんぞや?詳説して貰いましたっ!

インターナショナルスクールって、知ってる人は「当たり前」のシステムだけれども、知らない人には謎の世界。名前と存在は知ってるし、頭良さそうってイメージが強い。でも、ではどういう組織でどういう仕組みなのかは興味を持たないとまるでわかりようがない。そこをガッツリ教えてくださいます。氏の経験談を元に、自分のご子息への教育方針の参考にして貰えれば幸いです。

ポッドキャストコンテンツ「目﨑雅昭HappyWedge」は、ラジオ日本(AM1422kHz)で毎週金曜日放送されている「宮川賢MT」の番組内で絶賛放送中です! 是非、radiko.jpなどでお聞き下さい!

カテゴリー
番組ブログ

旅行出来ない事を当たり前と思ってしまう「今」

目﨑雅昭HappyWedge収録後の二人です。1月放送分については、とても感慨深いものがありますよね。

カテゴリー
エネルギー芸人への道

日本、エネルギー計画における汚名の代表格「化石賞」を二年連続受賞してしまった!

佐藤満春エネルギー芸人への道映像公開ですっ!お待たせしましたぁ~っ!

カテゴリー
エネルギー芸人への道

アンモニア発電は、脱炭素の新たな主役となるのだろうか?

■アンモニア発電は主役になりえる?

 水素とともに、燃やしても二酸化炭素を出さないアンモニアが脱炭素の新たな「切り札」として注目されている。官民挙げて、技術的課題の克服に努めてもらいたい。
 政府は、今年7月にまとめたエネルギー基本計画案の電源構成に、水素やアンモニアによる発電を初めて盛り込んだ。
 既存の石炭火力発電所で、気化したアンモニアを粉状の石炭に混ぜて燃やす「混焼」により電気を作る。アンモニアの分だけ二酸化炭素の排出を減らせるという。
 水素と窒素の化合物であるアンモニアは、化学肥料の原料などとして国内ですでに年間約110万トンが使用されている。水素と比べると燃えにくいが、水素より液化しやすく、扱いやすい。輸送や貯蔵のインフラも整っている。

読売新聞オンライン

……アンモニアが発電? どういう仕組みで?

■ハチドリ電力が「初期費用0円×使い放題」の太陽光発電サービスを開始

 株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)が提供するCO2ゼロの実質自然エネルギー100%の電力サービス「ハチドリ電力」は、初期費用0円で導入可能な住宅用太陽光発電サービス「ハチドリソーラー」の受付を開始しました。
 ハチドリ電力は2020年4月16日よりサービスを開始し、利用者は2021年10月14日現在で5000名を超えています。これから地球温暖化の解決をさらに加速させるため、自然エネルギーを「つかう」人だけでなく「つくる」人も増える必要があると考え、「自宅の屋根」を使って誰でも参加しやすい形で自然エネルギーの普及を目指します。

PRタイムス

……家の大きさが違えば不公平になるのでは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。