再エネ芸人への道(売電価格低下に惑わされてはいけません)

LINEで送る

売電価格低下?

売電価格が少しずつ、低下しています。ということは、太陽光発電は下火とみて良いのか? これから太陽光を広める考え方は無意味なのか?いえいえまさか。さにあらず。なぜ低下しているのか。低下していることが「広まっている」「普及している」ということの現れであり、決して嘆くべき話ではありません。その辺りを目﨑さんが説明してくれます。

つまりZERO金利

日本は現在(2016)ゼロ金利です。マイナス金利です。ということは、投資対象が他にあるのでしょうか?銀行に預けた所で、金利が生まれない。ということは、銀行に預ける事自体が無意味でしかない。ましてマイナス金利ならば日本の国債を購入する事はこれまた考えづらい。ということは? 続きは本編でお確かめ下さい。

コメントを残す